心動かされるプルーン

October 16, 2018

最近のパフェの開発はマルシェの店長である

三島さんが行っております。

彼女とは日頃から良く話しているのは

本当に美味しい果物が仕入れられた時は

自然とこの果物でパフェを作ってみたいという

衝動にかられますよね

なんて事を話したりしています。

 

今回

長田農園さんに送っていただいた

プレジデントという品種のプルーンが

まさにそれで

いつも美味しいのですが

今回仕入れたものは特に

これ以上美味しくなりようがない

という味のレベルで驚かされました。

 

まあそうなると

ぜひパフェを作ってみよう!

という話になりました。

 

ただいつもこんな感じで

シーズン盛りの頃に

このようなインスピレーションを受けることが多く

そこから開発に取り組むので

実際にお出し出来るのは

シーズン終盤のちょっとした時期に

なってしまったりします。

 

次の年からは

シーズン開始から出せるのですが

このようにして

パフェを蓄積していってます。

 

でも美味しい果物に

出会った時のパワーを利用して

開発していくので

心の底から湧き上がるような

感覚で作り上げることが出来ます。

 

やはりここでも

一番大事なことは

この美味しさを素直に

伝えていきたいというのがあるので

 

取り合わせるもので

あったり

極力生の良さを生かしたりと

このあたりは

凄く強い気持ちで臨みます。

 

またフローズンヨーグルトというものが

強い味のアイスと違い

この果物の味を邪魔せずに

見事にフォロー役に

まわってくれるので

ウッドベリーズならではの

パフェが作れることに嬉しさも感じます。

 

今回も

試行錯誤しながら

プルーンに合うのは

バナナでは?ということもあり

朝食的なイメージのパフェが

良さそうなので

グラノーラやヨーグルトなどを

うまく組み合わせたもので

開発しております。

 

まだうまく完成できるか

未定ですが

プルーンの味から

心を動かされたパフェを

お楽しみにしていて下さい。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

Facebook でシェアする
Twitter でシェアする
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 3, 2018

November 11, 2017

Please reload

アーカイブ